尿酸値対策におすすめの血流改善ストレッチ

尿酸値が増加していく痛風発作に繋がってしまい放置していると悪化してしまいますので対策をしなければなりません。
しかし、そんなに時間がかけられなかったり、日常生活を見直すのが難しい場合におすすめになるのがストレッチです。
ストレッチだと疲れたという時に手軽にできますし、休み時間やちょっとした時にも使えますので覚えておくと便利です。

 

尿酸値対策におすすめの血流改善ストレッチ
尿酸値対策のストレッチはいくつかありまして、椅子に座ったまま足を肩幅に開いて身体を右側に傾けて、ゆっくり戻すといった簡単な方法があります。
右側に傾けたら左側にも傾けるといったように繰り返すだけですので仕事の合間にも出来るものとなっています。

 

また椅子に座ったまま足首を片方ずつ5回程度ずつ回すのも良いですし、太腿や膝をさすって血流を良くするのも尿酸値対策となります。

 

こんなに簡単なストレッチになりますが、血流改善に役に立ちます。
身体の筋肉が緊張していると血流が滞ってしまい尿酸値が上昇しやすい状態になっていますので身体をリラックスさせるためにストレッチをします。
デスクワークをしていると一日中座りっぱなしになりますので、少しでも身体を動かす事が大事になりますが、仕事をしているとそれも難しいです。
椅子に座ったままできる方法になりますので誰に気兼ねなくできますし、身体を傾けたり、足首を回したり、太腿をさすったりと少しの時間だけでできます。

 

単純に血流改善をして尿酸値の上昇を防ぐだけではなく、むくみ対策や疲労回復や脂肪燃焼や冷え性改善にも繋がります。
筋肉がリラックス状態になるという事はストレス解消効果も得られるという事になります。

 

一つ気をつけて欲しいのが今は値が厳しいからするのではなく、習慣化していく事が大事です。
危ないから身体を動かすのではなく毎日継続して続けていく事が健康に良い事ですし、健康そのものを実感できるようになってきます。
仕事が忙しくない方の場合でも時間があればした方が良いですし、リラックスして行なった方がより効果を発揮しますので肩の力を抜いてやってください。

 

行なう時の注意点としましては力を入れ過ぎてしまうと痛みを感じてしまうので無理のしない範囲で行なう事です。
また長く継続してやればやるほど効果を実感できますので毎日続けていき、余裕があればその他の運動と併せて行なうと良いでしょう。
一時的ではなく仕事が忙しかったとしても習慣化して健康な身体を手に入れると良いでしょう。