尿酸値の数値はどれ位が基準で、正常か高尿酸血症と判断できるか

痛風は尿酸値が高くなる事が原因で発症してしまう病気なので、その予防、さらに改善の為にもその数値に対しては注意を払う事になります。
尿酸は血液中にあり、その濃度は尿酸値・血清尿酸値として表示されています。
数値によっては注意するだけでも良い場合がありますが、時には異常と判断され、健康診断の場合は再検査となる事もあります。

 

尿酸値の数値はどれ位が基準で、正常か高尿酸血症と判断できるか
一般的にはその数値が7.0r/dLまでであれば基準値内と言う事になる為、問題視される事はありません。
しかしそれ以上の数値となってしまうと、高尿酸血症と言う事になります。
男性と女性での違いは無く、どちらもその7.0mg/dLを目安とします。

 

健康診断を受ける場合、検査結果の所には正常値や基準値が記されています。
尿酸値の場合は男性であれば3.8〜7.5mg/dL、女性であれば2.4〜5.8mg/dLとなっている場合も多くなります。
そこから行くと、7.0mg/dLと言うのは女性の場合は既にはるかに高濃度という事になってしまいますが、あくまでも5.8mg/dLと言うのは目安となっているので、それを超えそうになたらより食事制限などで対策を行えば良いと指導される事も少なくありません。

 

7.0という数字の根拠は、血漿の中でどれだけ尿酸が溶けるかと言う事です。
溶液等に何かを溶かす場合、溶ける上限までであればそのまま液体の中に解けた状態ですが、溶けない分は結晶として出てきてしまう仕組みがあります。
血液と尿酸の関係も同様で、血漿中に尿酸が溶けていればその分は結晶化する事はまず有りません。
しかし解けなかった分はどうしても結晶になりやすく、その結果痛風の発作を引き起こしやすくなってしまいます。
したがって、男女でその数値には差がありますが、基本的には7.0mg/dLは超えないようにすれば、痛風のリスクは低くなると言えます。

 

ただ、尿酸値自体は高いと痛風の原因になると言われる事は多々ありますが、低い方はあまり意識されない事もあります。
実はその値が低い場合は低尿酸血症と言う状態になってしまう可能性があります。
この場合は運動後の腎障害や尿路結石が起きてしまう事もあるので、尿酸の値については高くても低くても良くないと言えます。
その為、食事制限や適度な運動、さらに十分な水分補給等を行って、出来るだけ正常値の範囲内にしておくように心掛けると、y痛風やそれに伴う諸症状の発症リスクを抑える事に繋がります。